洗濯

血液のシミ抜き方法 | 簡単にできる落とし方と注意点を徹底解説

染みのイメージ画像
シミのイメージ画像

こんな方におすすめ

  1. ご家庭で発生した衣類への血液ジミを落としたい
  2. 外出先で傷口から出血し、衣類に付着した血液ジミを目立たなくしたい
  3. 血液のシミ抜きで活用すべき洗剤やアイテムについて知りたい方

血液のシミ抜き方法
簡単にできる落とし方と注意点を徹底解説

転んでしまって膝を擦りむき、スカートやズボンに血がついてしまった。。。
子どもが鼻血を出して、衣類に血が付着しシミになった。。。

衣類などに血液ジミができてしまった場合のシミ抜き方法・落とし方についてまとめました。

血液のシミ抜き 5つのポイント

5つのポイント

血液シミ抜き5つのポイント

  • できるだけ早く処置する
  • 血液シミは基本的には水で落とせる
  • お湯は使わない
  • 食器用洗剤を着けて歯ブラシで叩くか、酸素系漂白剤につけおき
  • 衣類は洗濯表示を確認する

1.できるだけ早く処置する

なるべく素早く

時間経過とともに血液中のたんぱく質が酸化して落としにくくなります。

酸化して茶色くなり、洗濯機で洗っただけは落ちないケースもあります。

血液が衣類などに付着した際は気が付いたら早めの対処を心掛けましょう。

2.血液ジミは基本的には水で落とせる

水入りバケツ

基本的には水を使えば血液ジミは落とすことができます。

中性洗剤や酸素系漂白剤を使用する方法を後述しますが、とりあえず洗剤などがなくても水があれば、応急処置は可能です。

3.お湯は使わない

お湯はNG

血液のシミ抜きにお湯は使わないで下さい。

お湯で洗うと血が固まってしまって、落ちにくくなります。

お湯ではなく、水を使ってシミ抜きをした方が効率的です。

4.食器用洗剤を着けて歯ブラシで叩くか、酸素系漂白剤につけおき

食器用の中性洗剤と歯ブラシで叩く方法、もしくは酸素系漂白剤を水に溶かして桶で浸け置きする方法が一般的な対処方法です。

外出時には、上記2つの方法で対処できないケースもあるかと思いますので、他の方法も後ほどご紹介します。

5.衣類は洗濯表示を確認する

衣類の場合は洗濯表示を確認し、水洗い可能かどうかなどを確認します。

まずは洗濯表示を確認

血液が衣類などに付着した際に、衣類の種類によっては、素材によくない処理方法があります。

まずは「洗濯表示」をチェックして、「水洗い」・「漂白剤」などNGがないか確認しましょう。

洗濯禁止マーク

洗濯禁止
洗濯禁止

「洗濯禁止」マークの場合は、手洗い・洗濯機での洗濯ともにNGです。
汚れを落としたい場合は、クリーニング店へ相談しましょう。

洗濯可能 温度上限マーク

50度以下の温度で洗濯可能
50度以下の温度で洗濯可能

表示マークの数字は液温の上限を表します。
表示されている数字の温度以下のお湯で洗うことが可能です。
表示温度より高い温度で洗うと、生地が劣化したり、色落ちにつながることがあり注意が必要です。

なお血液は体温以上の温度で固まりやすい性質があります。
血液の染み抜きの場合は、水温が高くない方が汚れ落としやすいです。

表示温度は6種類

「30」・「40」・「50」・「60」・「70」・「95」の6種類あります。

漂白可能マーク

酸素系漂白剤を使用可能
酸素系漂白剤を使用可能
漂白剤使用不可能
漂白剤使用不可能

漂白剤を使用できるかどうかを表すマークです。
シミ抜きの際に酸素系漂白剤を使用する際は必ずマークを確認しましょう。

上の画像のような三角系のマークで漂白剤を使用可能かどうか表しています。
三角形の中に線が書かれていない表示は「塩素系」「酸素系」どちらの漂白剤も使用OKを意味します。

自宅での血液 シミ抜きの手順
あまり時間経過してない場合

手順

STEP 自宅での血液 シミ抜きの手順 あまり時間経過してない場合

  • 水で揉み洗い
  • 染み残りがある場合は酸素系漂白剤で浸け置き

STEP1

水で揉み洗い

水洗い

衣類などに血液ジミが発生して、あまり時間が経っていない場合は、シミの箇所を水でよく揉み洗いすれば落とすことができます。

お湯ではなく水で洗う

お湯ではなく、水で洗うのがポイントです。
なぜなら、血液は30度を体温以上の温度になると凝固し、繊維などに固着してしまうからです。

▼ ▼ ▼

STEP2

シミ残りがある場合は酸素系漂白剤で浸け置き

漂白剤

もしも、水での揉み洗いでシミ残りがある場合は、漂白剤を使いましょう。

血液ジミができた箇所を漂白剤に浸け置きします。

漂白剤を使う前の注意点

漂白剤を使う際は衣類と漂白剤の種類を確認してからご利用下さい。

自宅での血液 シミ抜きの手順
固着してしまった場合

血液が衣類などに付着してから、しばらく時間が経過して固まってしまった場合は、シミに洗剤や漂白剤を着けて歯ブラシで叩いて落とします。

用意するもの

  • 古歯ブラシ(掃除用)
  • 食器用洗剤もしくは酸素系漂白剤など
歯ブラシ

歯ブラシの良い点

歯ブラシはデリケートな口の中に入れても、傷つけにくい優しい設計のため、衣類も傷が付きにくいため染み抜き時に利用すると良いでしょう。

手順

STEP 自宅での血液 シミ抜きの手順 固着してしまった場合

  • 洗浄液を用意して浸け置き
  • 布を敷いて、歯ブラシで叩く
  • 水洗いする

STEP1

洗浄液を用意して浸け置き

水に中性洗剤など1プッシュして洗浄液をつくります。
もしくは漂白剤を入れた溶液でもOKです。

▼ ▼ ▼

STEP2

布を敷いて、歯ブラシで叩く

血液ジミがついた衣服などの下にタオルや布を敷きます。
その後は、歯ブラシで血液ジミを叩いて汚れを敷いた布に移していきます。

血が付着している面がタオルや布側に当たるようにするとシミが残りにくいです。

輪ジミにならないための注意点

血が付着した面から外側に向かって歯ブラシで叩くと輪状のシミが残りやすくなります。

▼ ▼ ▼

STEP3

水洗いする

最後にお湯ではなく、水洗いをして、汚れを落としましょう。

洗浄剤として活用できるもの

食器用洗剤や酸素系漂白剤以外でも洗剤と活用できるものがあります。

血液シミ抜きに使えるその他洗剤

  • 大根おろし・・・含有成分「ジアスターゼ」がたんぱく質の分解を促します。すりたて推奨です。
  • セスキ酸ソーダ・・・アルカリ性でたんぱく質分解する働きを持っています。

洗浄剤として効果が少ないもの

「アルコール」はタンパク質を凝固させてしまう性質があるため、血液ジミの汚れを取るためには適していないです。

使用すると一見分からないですが、たんぱく質汚れが残ってしまう場合があります。

外出先での血液 シミ抜きの手順

外出先でできる処置をしておく

血液ジミは、水で落ちやすいため、外出先でも衣服などの種類にもよりますが、洗面所などを使って時間が経過しないうちに、水で血液が固着する前に洗い流しておくのが良いでしょう。

帰宅後に前述の「自宅での血液シミ抜きの手順」を参考に処理をして下さい。

携帯できるシミ取り剤を

専用のシミ取り剤を常備しておくと、いざというときに便利です。
シミ取り剤はドラッグストアやAmazonなどネットでも購入が可能です。

血液染み抜きに使える製品

¥585 (2024/05/22 10:04時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Amazonで口コミを見てみる

クリーニング業者に依頼する

ご自身でシミ抜きをするには自信がない、、、もしくは面倒という方は、クリーニング業者に依頼しましょう。

不適切な方法で行ったり、正しい方法だとしても何回もシミ抜きすると衣服を傷めてしまうことにもつながります。

クリーニング業者に依頼すれば、衣服を傷めることなく、汚れを落とせます。
大切にしている衣類や、高価な衣類の場合は、クリーニング業者に任せた方が安心ですね。

ちなみにクリーニング店が近くになかったり、お店まで行くのが面倒・大変だという方は、宅配で依頼できるクリーニングサービスも存在しますよ。

宅配クリーニング業者 例

宅配クリーニング Moclean

送った洋服を1点ずつ、プロの目で検品を行ってくれます。
発見したシミを無料でシミ抜き。

シミが取れきれないような対応不可能な素材もあるようです。
シミ残りがある場合は、品物の到着後1週間以内であれば、電話やメールで相談の上、再洗いの対応もしていただけるようです。

まとめ

血液が衣類などに付着した場合、すぐに対処すれば、お湯ではなく水で落とすことが可能です。

ただし、血液が付着してから時間が経過すると主成分であるタンパク質が凝固し、不溶化するため落とし辛くなります。

早めの対処をすること、お湯を使わず水を使って洗うことがポイント。

また外出先でいざというときのために携帯シミ取り剤があると助かりますね。

-洗濯