掃除

台風対策で窓ガラスに貼りっぱなし | 養生テープの剥がし方&跡をきれいにする方法

養生テープで台風対策
養生テープで台風対策

こんな方におすすめ

  1. 台風対策で窓ガラスに養生テープを貼ったが、しばらく貼りっぱなしにしてしまい跡が残ってお困りの方
  2. 窓ガラスの養生テープ跡を簡単に剥がす方法が知りたい方
  3. 養生テープの跡が残りにくくするための対策についてお調べの方

台風対策で窓ガラスに貼りっぱなし | 養生テープの剥がし方&跡をきれいにする方法

本記事では、養生テープの窓ガラスに残ってしまった糊跡について、その除去方法を固着レベル別に解説致します。

2020年9月に過去最強クラスと報道があった令和2年台風第10号。

この時に報道を受けて、慌てて窓ガラスに養生テープで窓ガラスへの対策を行いました。

一時「大型で非常に強い」台風として報道され、特別警報の発表も予想されていましたが、結局は、実際に日本に接近したときには勢力が落ちて、特別警報の発表は見送られました

それでも、とても強い風で恐ろしかったのを覚えています。

そして無事に台風が過ぎていき、安心・慢心したのか、窓ガラスに貼っていた養生テープを剥がし忘れていたのが、別の被害を引き起こす元凶となってしまいました。。。

そう、窓ガラスにテープ跡がべっとりと残ってしまったのです。

糊跡固着レベル=低い場合

布製ガムテープを使う

布製ガムテープ
布製ガムテープ

養生テープを窓ガラスに貼り、その糊跡が窓にこびりついている場合、この養生テープの粘着力より高い布製のガムテープなどを使って糊を除去していくこともできます。

方法としては、粘着力の高い布製ガムテープなどの粘着面を、窓に残った糊跡の部分にしっかり当てて貼り付けます。

そして、貼り付けたテープを剥がすと、窓の糊跡が取り除けます。

「貼る」⇒「剥がす」を何度か繰り返えして、糊跡を除去していきましょう。

固着レベルが高い場合

養生テープを窓ガラスに貼ってから、時間が経過し固着が強固になると、この方法でも取り除くことができません。
下記の固着レベルが高い場合の対策方法をご検討下さい。

糊跡固着レベル=高い場合

スクレーパーを使う

金属製のスクレーパー
金属製のスクレーパー

スクレーパーを使えば、窓ガラスに固まってこびりついた糊跡が落としやすいです。

下のような材質のスクレーパーが一般的です。

窓面に使用する場合、気を付けてスクレーパーを使用しないとガラス面を傷つける恐れがあります。

スクレーパーは100円ショップでも購入可能です。

スクレーパーの材質

  • 金属製
  • プラスチック製
  • ゴム製

スクレーパー材質 汚れの落としやすさとガラス面の傷付けやすさ

材質汚れの落としやすさ窓を傷つける可能性
金属製落としやすい可能性が高い
プラスチック製普通普通
ゴム製製品によっては落としにくい傷つけにくい

シールはがし剤を使う

窓ガラスに固着した糊跡は「シールはがし剤」を吹きかけて剥がしましょう。

糊跡に「シールはがし剤」を吹き替えてから、サランラップを被せて、しばらくパックしておくと、より楽に糊跡を落としやすくなります。

楽天24
¥870 (2023/11/29 18:44時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

スクレーパーで養生テープを剥がす手順

シールはがしスプレーを吹きかける

まずはシールはがし剤のスプレーを強力に粘着してしまった養生テープへ吹きかけます。

そしてスクレーパーで養生テープを少しずつ剥がしていきます。

固着してしまっていると、シールはがし剤を使っても、簡単には剥がれません。

窓を傷つけないように少しずつテープを削るように剥がしていきます。

窓ガラスに固着した養生テープは、少しずつ削るように剥がしていくと、ボロボロと細かくなって取れていきます。

養生テープを窓ガラスに貼る際に気を付けること

養生テープを剥がしやすくしておく

養生テープに折り返しを付ける

養生テープを窓ガラスに貼る際、端を数ミリ折り返しておくと、剥がすときに剥がしやすくなります。

粘着性が強いテープの使用は避ける

台風対策用に窓ガラスに、粘着力の強いガムテープを貼ってしまうと、糊跡が残りやすくなります。

できれば養生テープなど、粘着力が強すぎないテープを使った方が、後処理も楽です。

メーカーや製品によって粘着力が異なる

養生テープは販売メーカーや製品によって用途や粘着力が異なります。
台風対策で使用した後に剥がすことを考えると、あまり強すぎないテープ製品の方が処理が楽です。

台風が過ぎ去ったら、迅速にテープを剥がしておく

台風が過ぎたら、できる限り早めに剥がした方が、テープの粘着剤が窓に残りにくく、剥がしやすいです。

しばらくの期間放置してしまうとテープを剥がしても糊跡が残ってしまい、その糊跡を掃除するのが面倒です。。。

ですので、やはり糊跡が発生しないように、用が済んだら窓に貼った養生テープをすぐに剥がしておき、糊跡の掃除の手間がかかるのを未然に防ぐのが重要ですね。

養生テープ 糊の残りをガラス窓から綺麗に落とす方法

掃除用アルコールを含ませたティッシュを用意し、糊残りのある窓ガラスに貼り付けてパックします。

時間をおいて、糊が落としやすくなったら、ティッシュでそのまま拭き取ります。

仕上げにふきんやティッシュで乾拭きすれば完了です。

-掃除